一般的に仕事場に化粧は必要か?この疑問を私は若い頃ずっともっていました。若い頃はお化粧が嫌いで顔にベタベタつけるだけでうっとうしくて仕方がなかったです。だから私がお化粧を始めたのは入社して半年くらい経ってからでした。

もちろん高校を卒業する時には就職する人もいたので、化粧品会社の「社会人になる人へのマナー教室」はありましたが、初めから私には関係ないものと思ったので参加しませんでした。

しかし初めて入社した会社でいきなり“女性のお化粧は周囲へのエチケットと一緒です。お化粧をしないと顔色が悪く病気だと思われても仕方ありません。最低限のお化粧はお願いします”と即座に言い渡され、次の日から顔色が悪く思われない程度にお化粧をしました。

お化粧は女性にとって「魔法」のようなものです。「あなたが自分の容姿に自信がなくとも、キレイに見せてご覧にいれます!」というように。本当にどんな人でも綺麗に化けさせてくれる、魔法の杖です。

ファッション関係やお化粧品メーカーなどの会社であれば、お化粧を楽しみ世の中に商品を広めるのが、女性の仕事でもあります。

また別の女性の仕事分野では、接客などのサービス業の新入社員教育で渡される資料「身だしなみへの注意」として、お化粧は「ナチュラルメイクで、但しファンデーションなどは臭いのない物を使用のこと。口紅の色は自然な色でアイシャドウー・アイラインは禁止、頬紅も自然な色で」と書かれています。

接客などのサービス業では人より目立たないことが原則。周囲に不快感を与える、例えば香水やアクセサリー、強い色の口紅などは禁止です。考えてみてください、美味しい食事をしに行き注文を聞いて出してくれた店員さんが、派手な化粧をして臭いのきつい香水をつけ、ピアスやネックレスをしていたらどうでしょう。せっかくよい雰囲気のお店に行ったのに、そこで雰囲気を壊されて食事どころではなくなりませんか。

お化粧は女性にとって綺麗になる魔法の杖にもなれば、マイナス面への魔法の杖にもなるということです。朝の混んだ電車での「臭いの強い香水」や「お化粧の臭い」、目の覚めるようなアイシャドウの色やアイメイク、強い色の口紅など、本人がよくても周囲の雰囲気を壊している事を女性として気が付かないのはマナー違反です。